president-message

代表取締役 澤田 恒彦

溢れ出る幸せを人に…

『人の幸せを願うのであれば、まずは自分が幸せになることに努力してほしい』ということを
耳にタコができるほど繰り返し職員には伝えています。
時折、『自分の幸せはどうでもいい。それよりもみんなが幸せになってくれさえすれば』というような表現をする方がいます。
しかし、それで本当にみんなが幸せになることができるでしょうか。
私は、誰か一人でも自己犠牲で、自分の幸せを考えることができない人がいては、みんなが幸せになるとはできないと思っています。
人は等しく幸せになる権利を持っています。
自己犠牲ではなく、「溢れ出る幸せを人に分け与える」といった考えを持っている方に働いてもらいたいと思っています。
人は、満たされた気持ちでいれば人に優しくなれます。
心にゆとりを持ちながら働いていただくことで、我々が目指す
「子ども達の将来を見据えた支援」、「保護者の支えになる支援」
という2つの大きな支援目標が達成できるのではないかと確信しています。